走れメロス

走れメロスから学ぶ

近所の都立高校の門に?????

と思う貼り紙がよく貼ってあります。

謎かけ?とんち?実におもしろいです。

二月のお題は「走れメロス 友が待っている」

そもそも走れメロスのお話って?

メロスは妹の結婚式の準備のために町へ出ます。
しかしそこで独裁的な王に捕らえられてしまいます。
メロスは友人を代わりに捕らえていいから妹の結婚式に出席させてくれ、
そしたら戻ると王に誓います。
王はメロスに期限をつけてそれを受け入れます。
メロスは妹の結婚式に出るため村まで走り、それを見届けると
また町へ走り、王の下へ急ぎました。
途中メロスは挫折しそうになりますが友人のために走り、
期限ギリギリに王の下へ着きました。
戻ってくると思っていなかった王は感激し、その2人の友人の輪の
入りたいと懇願するというハッピーエンドの話です。

仲間を裏切らない・・・という友情の話ですね

自分を守るために、嘘をつく人

自分を守るために、仲間を裏切る人

もちろん、その背景にはいろいろな理由があると思いますが

自分さえ良ければ・・・という考はとても残念ですね

私もこれまでに、メロスが帰ってこないことが何回かあります

その時はかなり落ち込みました

でも、そのお蔭で、私はどんなことがあっても

自分の言ったこと

自分の取った行動に

責任を持ち逃げないという事を決心しました

そんな覚悟をもって仕事しています。

自分だけを守る人に、子どもたちがついてくるかな?

答えは自分の心の中にある

近所の都立高校の校長先生のメッセージは

いつでもユニークですが

その根底にあるもの

それぞれがどう感じるか?

答えは一つではないという事

この言葉の投げかけ

とても勉強になりますね

約束を守れなくても・・

もしメロスが生きているのであれば

仲間に「謝る」という方法もまりますね

※物語からすると、処刑されているかもしれないけど汗

私個人的には

「許す」という覚悟もしています

あの時はゴメン・・・

一瞬は微妙な空気や叱咤もされるかもしれません

でもその先には

スッカッとした気持ち良さがあるような気がします

人間必ずしも約束を守れるとは限りません

その後の身の振り方が大切ですね

あの時はゴメン・・・・

あの人の?顔が浮かんだでしょうか????

浮かんだらどうするか?

そうです

勇気をだして

連絡してみましょう!!!!!

 

走れメロス 友が待っている

 

2週連続の雪となりました

これから雪かき頑張ります!!!

 

みなさんも足元に注意してくださいね

今日も一日楽しく行きましょう!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です