ライン指導

負けは悪ことではなく、課題が明確になる大切なもの

地元の都立高校の卓球部の外部指導員をして3年になります

外部指導員と言っても、年に6回くらいしか行きません

その6回で強化されるのか?

疑問も沢山ありましたが

行くたびに、課題を提案していました

でも、まったくと言っていいほど進歩がない

そりゃそうですよね、2か月に一回、その時だけ頑張る

強くなるわけがない

でも、行ったときは皆真面目にやっている・・・

そこで、ふと思いついたのが

ライン報告

卓球部のグループを作り、そこで提案した練習を取組

その日の練習内容を報告

時には、動画でフォームを確認したりも

あと・・・15回アルバイトの面接に失敗している生徒がなぜ募集しているにも関わらず、面接に落ちるのか????

みんなで原因を分析して

笑顔がない・・・・・(黙っているとふて腐れているように見える)

という事で、その生徒には「本日の笑顔」ということで

笑顔の写真を提出(笑)

一見ふざけているようですが、真面目(笑)

そんなやり取りをし

コミニケーションは深まりました

何か目標設定が欲しいとなり、目標はインターハイ出場?関東大会出場?

んーーーー難しい・・・・・

菅生高校と練習試合は?????

顧問の先生を始め、生徒全員固まりました

が・・やってみたい

でも本当にできるの?

後藤先生に相談したら快く承諾してくれました

そこで決まった「菅生高校卓球部と練習試合」をするという事が、その日から彼らの目標となりました

その後の意識は格段に変わりました

2月18日(日)ここに向けて、なんとか頑張りたい

ラインのやりとりは続きました

いよいよ当日、狭山の中学生も合流し練習試合がスタート

緊張MAX

もともと実力差はあるのにさらに緊張

結果・・・・全敗・・・・1セットもとれず・・・・・

中学生にも負けてたな

でもみんないい顔してやっていました。

いい顔って、勝ったとかではなく、同じ高校生でもこんな世界があるんだと

でも俺らは・・・・

でも、そのことに気づけたことは大きな一歩

今日もラインで報告

今日は東海大菅生高校と狭山ヶ丘中学校との貴重な練習試合ありがとうございました。今日試合をしてみて菅生の人達は回転やコースの質が違うなと感じました。自分は菅生の人と試合をしてみて4、5点ぐらいしかとれていなかったのでレベルが違うなと感じましたまた、自分は試合の時サーブのミスが多く今度からサーブもしっかり入れていけるよう練習したいと思います後菅生の人と試合してるとき自分は体制が崩れて打つ場面があったのですが菅生の人達はドライブや攻撃するとき全く体制が崩れず打っていたので軸がしっかりしているなと思いましたなので今度から体感トレーニングも頑張ってやっていきたいと思います後みんなが言ってるように菅生の人達はオンとオフがしっかりしているなと感じました試合や練習のときは全くおしゃべりせず集中して練習に取り組んでいたので自分たちと練習してるときと全然違うなと感じました。今度からはしっかりオンとオフを切り替えられるようにして自分の弱いところをしっかり強化できるように頑張りたいと思います今日の練習試合で学んだことをしっかりいかして頑張っていきたいと思います!

間違いなく、彼らにとっては良い気づきになった1日でした

続々とラインに送られてくる 今日の感想

こんなSNSで繋がる卓球指導もありなのかと思います

ここからが大切ですね

なんのためにやっているのか

どうしたいのか

そうなりたいのか

楽しみになってきました

 

 

卓球は弱いかもしれないけど、そんなの関係なく

がむしゃらに取り組んでもらいたいですね

 

菅生高校卓球部のみなさん、狭山ヶ丘中学校のみなさん

今日は本当にありがとうございました

 

わたしもラインで今日の総括を返信しなくちゃ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

児童館卓球